プロテインとダンベル

【目次】

1.プロテインダイエットとは?

プロテインダイエットは、普段食べている食事をプロテインに置き換えるダイエットです。

もちろん、3食置き換えるのは、栄養バランスや、過度の空腹によるリバウンドのリスクがあるので、1食置き換えるの程度が望ましいです。

2.失敗しない方法

これまで普通に3食たべていたのに、1食減らすのは最初抵抗があるものです。

失敗しにくいお勧めの方法は、朝食をプロテインに置き換えることです。朝から食欲旺盛な人は少ないと思いますので、朝をプロテインで済まして、必要なタンパク質やミネラルなどを補いましょう。

プロテインは、飲みやすさのわりに腹持ちが良く、朝多くのタンパク質をプロテインで摂取することで、一日の食欲を抑えられます。前日の夕食から、睡眠を経て、朝タンパク質を補わないとお昼ご飯までに、どんどんタンパク質不足により、筋肉が分解されてしまいます。

活動的な昼は、炭水化物は抑えつつ、しっかりと食べて、夕方はサラダチキンやフルーツなどで就寝に備えると、ダイエットは成功しやすいです。

注意点

タンパク質は、血液や筋肉を作るために必要な栄養素ですが、一度に大量摂取すると、腎臓に負担がかかります。

一度の食事で摂取する量は、20g~30g程度に抑えましょう。

お勧めの摂取方法

プロテインは、カロリーや相乗効果を考えると、水や豆乳に溶かして飲むのが理想ですが、好みによっては牛乳も良いでしょう。

プロテインだけでは、お腹がすく、物足りないという方にお勧めなのが、「オートミール」と一緒に摂取することです。

レンジにかけられる耐熱容器に豆乳を100㎖程度そそぎ、プロテインを20g入れてかき混ぜます。その後、オートミールを30g程度(注いだ豆乳が隠れるように目分量で入れるのもあり)加えて、よく混ぜます。

お好みで、ブラックチョコレートを2~3つ程度入れて、600wの電子レンジで1分半位過熱します。

過熱し終わったら、はちみつや、オリゴ糖などをかけて出来上がりです。パンケーキのように甘くおいしい朝食です。甘くて、のどが渇きやすいので、水などの水分をしっかりとることで、オートミールの食物繊維と相まって、朝から腸が活発に動き便秘解消にも効果ありです。

筋肉量を増やすのも〇

本来、プロテインは筋肉量を増やしたいウエイトトレーニングをやっている人などが飲むものです。

朝は、プロテインで食欲を抑えつつ、ヨーグルトやバナナなどでバランスもとり、夕方は筋トレ後にプロテイン入りのオートミールなどをしっかり食べて、筋力アップを図ることで、基礎代謝が高い太りにくい体を作れます。

一時的に体重が増えても、筋肉量を上げることで、リバウンドしにくい体と、見た目の美しい健康的な体形を手に入れられるので、置き換えダイエットに慣れたら、栄養バランスを考えながら、プロテインをうまく組み合わせられるようになります。