広告

格差社会が進む中、「人生どん底だ…」「人生に疲れた (泣) 」「俺はこのまま終わるんじゃ…」と考えて悩み苦しむ人。何をして良いのかも、どうしたらここから脱出できるのかもわからないまま、毎日を惰性で過ごす日々。自己嫌悪でいっぱいな人は多いと思います。

かく言う僕も「人はなぜ働かなくてはならないのか? 」 「 お金持ちや外見が良く生まれた人はずるい! 」 「誰がこんな世界を作ったんだ…。 」 「 お金を必要としない生活がしたい。 」 「 社会主義にならないかなぁ 」 などと、ネガティブな発想ばかりでした。

しかし、現在は前向きに毎日を楽しく過ごしています。そうなれた理由は、考え方や行動を変えていったことに他なりません。

一足飛びではなく一つ一つ確実に成長していくことを目指して今も奮闘しています。僕自身、まだまだ発展途上ですし、なんのコネも、飛びぬけた容姿も才能も資金力も、社交性も身体能力も人脈もないですが少しずつ人生を変えていったことを綴っていきます。

自分が凡人であると自覚している、人生を好転させたいけど何をしたら良いかわからない人にこそ、見てもらいたいです。

【目次】

心技体が人生を変える

武道の世界に「心・技・体」(しん・ぎ・たい)という言葉があります。3つを相互に高めることで高いパフォーマンス即ち、武を極める道に近づけます。人生に置き換えると心や精神、技術やスキル・経験、体力や健康に置き換えられますよね。

人生を再生させるために、具体的なスキルや何をして良いかわからなかった僕にとっては、心技体を高めていくという抽象的ですが、本質的でもある部分で人生を変えようと考えました。幼少の頃から、空手を習っていたので、この心技体という言葉だけが深く残っていたのだと思います。

具体的に何がやりたいとか、どういう仕事がしたいという目標もないので、ある意味何かにすがりたいという気持ちと、小さな一歩から始めていくしかないな、という決意が入り混じった決断でした。

追い込まれて追い込まれて、相談する友達も、助けてくれる人なんてもちろんいません。そんな中、知識もない、調べるのもめんどくさい、自分で何とかしないとカッコ悪いなど、ネガティブな感情からですが、なんとか一筋の道とも言えない、ぼんやりとした方向が見えた瞬間でした。

体作りがすべての始まり

心技体は、それぞれを切り離すわけではなく、相互関係にありバランスが大事です。とはいえ、人生においての歩みを止めている人間にとって、心技体をすべて高めていく意識と行動力をもつことは難しいです。しかも、前述したように漠然としすぎていて、具体的に何をすればよいか掴みにくいです。

なんとなくの手探りの中、心や技術は現実問題、心を劇的に豊かに強く、素晴らしいスキルや経験に置き換えました。ぱっと見ても簡単に高められそうにないので、どれから手を付けようか考えぬいた結果、一番わかりやすそうな体から取り掛かろうと決めました。

なぜなら、体が健康であり、かつ体力があれば、エネルギーが必要な人生変革の基礎となると考えたからです。さらに、外見的にも魅力的になり、自信という面で心の一部も鍛えられるうえ、体を作る技術も我流ながら学べる利点があります。

そう考えると、心技体は各々が密接に関わっているのだと実感できます。すべてを一変させるのは難しいので、まずは体から!それが僕の決断の第一歩でした。

具体的にはダイエットから

体の健康、体力作りと目標は見えてきましたが、具体性に欠けます。健康については睡眠や栄養管理など、自由人で自分を甘やかす天才である僕にとって、正直めんどくさいことなので、単純にたるみきって体力のない体を引き締めようとダイエットを決意しました。軽く痩せるだけでは意味が無いので、十代の体に戻るという最終目標を掲げました。

何をするにしても「だるい」「疲れた」「体がついていかない」状態であり、体力の確保が最優先になるのは自然な流れでした。

肥えた豚であるよりも、痩せた狼になったほうが女の子にモテるのでは、という男ならではの単純な思考もあり、どんなことも途中で投げ出してきた僕が25キロのダイエットに成功するきっかけになりました。

▶【最新】ダイエットを成功させる3つのコツ

ちなみに僕のスペックは、学生時代から運動が好きではなかった、仕事も肉体労働を避けてきた、運動能力ゼロです。

関連記事