広告

ダイエット中に絶対やってはいけない5つのことを紹介します。ダイエットを確実に成功させたいなら、意識的に避けるべきことを記載しましたので、参考にしてください。

【目次】

こんにちは!まさたんです。

20キロのダイエットに成功しましたが、リバウンドや、途中で苦しんだ経験を元に、ダイエット中に絶対にやるべきではない5つ行動をまとめました。逆に言えば、この5つのことに注意すれば、失敗せずに済みます。

ダイエット中に陥りやすい罠であり、失敗する入口となることなので、参考にしてください。

1.コンビニに行く

コンビニは、ダイエット中に絶対に行ってはいけない場所です。特にダイエットをしなければならない人は、元々食べるのが好きですし、お酒を飲む人も多いでしょう。

美味しそうな新発売のスイーツ、アイスクリーム、お酒、おつまみ、お弁当、から揚げ・肉まんなどのホットフード、お菓子、ジュース、最恐の敵である菓子パン、ドーナツなどなど体脂肪と戦う者の心を折る商品が所狭しと並んでいます。

仮に我慢できたとしても、休み前の金曜日や、仕事で疲れた時、何か良くないことでストレスを抱えた時など、フラっと立ち寄ったが最後、何かしらカロリー制限をしたとしても、少しづつほころびがでて、やらかしてしまうことが多いです。

2.体重を測らない

体重を測ることは、前日の成果や、やらかしたときの戒めでもあります。たとえガッカリする結果であっても、知ることが重要です。まあ、一週間後に測ればよいだろうとか、気が付いたときに測るでは「あ、増えてる…でも2キロくらいだからまだ大丈夫だろう」と楽観視したり、「なんかめんどくさくなってきたからダイエット止めよう。好きなものを好きなだけ食べる人生が良いよね」など、目標意識が簡単に失われます。

体重を測らなくなる=ダイエットはしないと同じです。気が付いたときに測って、 自分のペースでゆる~くダイエットをやって成功した人を見たことがありません。必ずと言ってよいほど途中から、好き放題たべまくることにした、運動すればよいよねとなり、運動もまともにしないで、笑いながらダイエット止めたwとなります。

体重を測るという小さなめんどくさいことすら継続できない人にダイエットは難しいです。体重を必ず測ることはダイエットを投げ出していない証拠なのです。増えてたら嫌な気分になるのに測るわけですから、ダイエットも継続することになります。

3.お酒を飲む

はっきり言って、ダイエット中にアルコールはNGです。ハイボールなどの蒸留酒はカロリーが少ないとか、つまみを工夫すれば、飲みながらでもダイエットできるとかありますが、意志が強くないと結局は悪いほうに流されます。

大麻が依存性が低いとはいえ、コカインなどの強い依存性のある薬物へのゲートドラックといわれるように、お酒 (特にビール) は食欲を増幅させますし、気分が良くなれば、自制心が緩みお酒が進むことは、酒のみならわかるはずです。

ましてや、ダイエットをしなければならない体形になってしまった僕を含め、自己管理能力の低い意志の弱い人が、お酒とうまく付き合いながらダイエットなど、難しいでしょう。必ずやらかして翌朝後悔し、ダイエットをあきらめてしまうか、そのツケを取り戻すために更なる我慢という苦痛を味わいます。今日、我慢して頑張ったやつだけに、明日という輝かしい未来が訪れるのですw

4.目的を揺るがす行為

ダイエットする目的そのものを揺るがしてしまう行為は、ダイエットのやる気を失うことに直結します。

例えば、意中の女の子のために頑張ってダイエットしていたとします。焦るあまり、この女の子に嫌われてしまったり、接近しすぎて彼氏ができたことを知ってしまったりすると、やる気を完全に失いかねないですよね。ダイエットを頑張っている間は、なるべく距離を置いて、集中できる環境と意志をもつことが重要です。

ダイエットをやり遂げてしまえば、たとえ結果がどうあれ、やり遂げた自信や、肉体は残るわけですから、途中で挫折してしまうよりは、遥かに得るものがあります。継続する環境を維持することが大事です。

5.ストレスを増やす

ダイエットをする以上、食事制限からは逃げられません。食事制限でストレスと戦って、ストレスは食欲を増加させやすいです。失恋などの過度のストレスは、食欲を失わせることもありますが、基本的に食事制限の上に、さらに仕事などでストレスを増やしてしまうとダイエットは続きません。

収入があるなら、そのお金を食事以外でストレスを解消する術にすべて注ぎ込み、ストレスを回避してください。仕事がストレスなら、辞めるのも一つの手段です。もちろん、 生活が破綻したら元も子もないので、 どうしてもダイエットを成功させたい強い意志を優先するならの話です。

ブログを書く、頭を使ったゲームを楽しむなど、脳を使う作業によるストレスは、肉体労働ほどカロリー消費がないにもかかわらず、無性に食べたくなるので、ガムとかナッツを食べるなどの工夫をするか、行為そのものを止めてしまうのも手です。