カテゴリー:マインド
ホームPage 1 / 11

【目次】

勇気と恐れを知る

勇気を手に入れるために、勇気とは何か?を知る必要があります。勇気とは、勇ましい気と書きます。勇ましいとは、 「危険や困難を恐れず、積極的に事を行うさま 」。

つまりは、【恐れない気持ち】と理解できます。では、恐れとはなぜ起こるのか?を考えてみましょう。人は、未知のもの、わからないことに恐怖を感じます。何をされるかわからない、何をしていいのかわからない、うまくできるかわからないなどなど。

逆に言えば、恐怖であるものを知ることができれば、恐れなくなるということですよね。わからないものを知るためには、行動しなければなりません。でも、その行動する勇気がないから怖いんだとなります。

2.物事がニュートラルであることを知る

わからないものを知るための行動が怖い。そのわからないもの、恐怖である物事が悪いこと、または失敗であるというイメージを持っていないでしょうか。

ものごとに善悪や成功失敗はありません。ただ、怒ったという事実があるだけです。それを良い悪いなどのジャッジをしているのはあなた自身です。

例えば、告白するとき、振られる=失敗と考えがちですが、それを最悪と思うか、相手の気持ちを知れてラッキー、振り向いてもらえるように課題が見えたと頑張って、振り向かせることにつながる成長のきっかけだとするならば悪いことではなくなります。

そうは言っても行動するのは、怖い。では、勇気をもって行動しまくる人の特徴はなんだろうと考えた時、自信に満ちていると感じませんか。何とかなる、俺は強運だ、絶対成功するなど、行動するための足かせがないような身軽さを感じます。

勇気とは、恐れない気持ち、恐れない気持ちは、自信から生まれるので、自信が勇気という剣にかわると考えられます。

3.言葉が心を作る

なかなか行動することができない時、「わたしは最高についてる!」「俺は無敵だ」「絶対にうまくいく!」と言葉を発することが大事です。笑顔で俺は最高に元気で楽しい!って言ってる人が落ち込むことができるでしょうか。

人は自分が発した言葉を、誰よりも自分自身が聞いています。無意識に脳に刷り込まれて、思い込みます。自信が持てないなら、言葉だけでもポジティブにして、どんどん発しましょう。

そうすることで、物事をプラスにとらえて、行動しやすくなります。行動してプラスに考え、間と行動する。その繰り返しが本当の自信につながります。

自信がつくと、やったことのないわからないものですら、恐れなくなり、いままで全部うまくいってきた自分になら乗り越えられると考え、自信が勇気という大きな剣を生み出し、わからない恐怖に斬り込むことができるのです。

こんにちは!まさたんです。

お金のメンタルブロックとは、収入を上げてどんどん稼ぎたい、成功者を目指す人にとっては、成功の邪魔になる「お金に対する負の感情」です。 お金のメンタルブロックを外す=金持ちになるという勘違いが多いのですが、あくまでも収入を増やしていくために無いほうが、スムーズに成長できるよね、あとは努力するだけだよ的なものです。

前置きはこの辺にして、お金のメンタルブロックを外す簡単な方法を3つ紹介するので、メンタルブロックをぱっぱと取り払っちゃってください(>_<)

【目次】

1.お金の正体を知る

いつも身近にあるはずのお金の正体を考えたことがありますか?お金の正体は、抽象的な言い方をすれば「エネルギー」、具体的に言えば「失われることのない便利ツール」です。

「お金がない」「こんなに使っちゃった」「給料が少ない」など、お金が無いとか、使うことで失ってしまうものという誤った捉え方が負の感情を生み出しています。

お金は世の中にいくらでも存在しますし、貴方の手元に無いというなら、使うことで別の価値をあなたは手に入れているということであり、お金が消えたわけではありません。「無い」ということに意識を向けすぎると、無意識にお金をもっていない自分を形成しかねません。

例えば、貴方が美容に大量のお金を投資して、手元にお金が少ない場合は、その手に入れた外見で気持ちよく仕事ができたり、恋人ができたり、人に好印象を持たれて営業がうまくいったりと、新たな収入や幸福を生み出し、幸福がまた自分を高めて良いエネルギー循環を生みます。

コンビニでお弁当を買うとき、お金というエネルギーに「行ってらっしゃい。また、帰って来いよ。」と声をかけるように送り出し、自分で一から作るとこの上なく大変なお弁当を瞬時に貴方は手に入れられることに感謝すれば、お金へのマイナスイメージはなく、無意識がお金を拒絶することを防げます。

2.お金持ちへの誤解を書き換える

貴方は、お金持ちにどんなイメージを持っているでしょうか?何か悪いことをしている、お金のことばかり考えて強欲でセコイ、ずるいことをして大金を得て真面目な人を使役しているなど、悪いイメージを持っていると要注意です。

もちろん、脱税などがクローズアップされやすいメディアの影響もありますが、やはりお金持ちのような目立つ存在は、叩くことで視聴率が取れますし、悪いことをする人はお金を持つ持たない関係なく実際はいますよね。そんな色眼鏡を外してみると、お金を稼いでいる人は、長い間並々ならぬ苦労や努力を重ね、世の中に何らかの価値を与えている人なんです。

例えばスマートフォンなどの便利な通信機器、通信環境を貴方は作れますか?今現在、それを提供してくれているのは大企業ですが、大企業といえど人の集まりですし、最初は少人数の夢から実現されたテクノロジーです。彼らが一生懸命考え、失敗し、多くのリスクを抱えながら進んでいった結果に、我々は豊かさを頂いています。

お金持ちを否定することは、とてつもない価値を少額のお金という対価でもらいながら文句を言い、お金持ちになりたいはずなのに自分が目指しているその夢を否定しています。医者になりたい人が医者という職業を否定していて、そこに到達しやすいか考えるとわかりやすいですよね。

3.自分の価値に自信を持つ

自分が副業や、何かのビジネスを始めた時、お客様から「こんなにお金を頂いてよいのだろうか?」「すいませんこんなにもらっちゃって」「なんか申し訳ないから安くします」など、適正なお金を頂くことに抵抗があると、成功しにくくなります。

お客様の立場からしても、そんなに価値のない商品なのかと不安になったり、気持ちよくお金を支払っているのに謙遜されると良い気分にはならず満足感が得られません。

自分の提供する価値に自信を持ち、当然質の高い満足させるものを出す心構え、それがあれば適切なお金を自信をもって受け取れるマインドが出来上がるため、メンタルブロックは簡単に外れます。

格差社会が進む中、「人生どん底だ…」「人生に疲れた (泣) 」「俺はこのまま終わるんじゃ…」と考えて悩み苦しむ人。何をして良いのかも、どうしたらここから脱出できるのかもわからないまま、毎日を惰性で過ごす日々。自己嫌悪でいっぱいな人は多いと思います。

かく言う僕も「人はなぜ働かなくてはならないのか? 」 「 お金持ちや外見が良く生まれた人はずるい! 」 「誰がこんな世界を作ったんだ…。 」 「 お金を必要としない生活がしたい。 」 「 社会主義にならないかなぁ 」 などと、ネガティブな発想ばかりでした。

しかし、現在は前向きに毎日を楽しく過ごしています。そうなれた理由は、考え方や行動を変えていったことに他なりません。

一足飛びではなく一つ一つ確実に成長していくことを目指して今も奮闘しています。僕自身、まだまだ発展途上ですし、なんのコネも、飛びぬけた容姿も才能も資金力も、社交性も身体能力も人脈もないですが少しずつ人生を変えていったことを綴っていきます。

自分が凡人であると自覚している、人生を好転させたいけど何をしたら良いかわからない人にこそ、見てもらいたいです。

【目次】

心技体が人生を変える

武道の世界に「心・技・体」(しん・ぎ・たい)という言葉があります。3つを相互に高めることで高いパフォーマンス即ち、武を極める道に近づけます。人生に置き換えると心や精神、技術やスキル・経験、体力や健康に置き換えられますよね。

人生を再生させるために、具体的なスキルや何をして良いかわからなかった僕にとっては、心技体を高めていくという抽象的ですが、本質的でもある部分で人生を変えようと考えました。幼少の頃から、空手を習っていたので、この心技体という言葉だけが深く残っていたのだと思います。

具体的に何がやりたいとか、どういう仕事がしたいという目標もないので、ある意味何かにすがりたいという気持ちと、小さな一歩から始めていくしかないな、という決意が入り混じった決断でした。

追い込まれて追い込まれて、相談する友達も、助けてくれる人なんてもちろんいません。そんな中、知識もない、調べるのもめんどくさい、自分で何とかしないとカッコ悪いなど、ネガティブな感情からですが、なんとか一筋の道とも言えない、ぼんやりとした方向が見えた瞬間でした。

体作りがすべての始まり

心技体は、それぞれを切り離すわけではなく、相互関係にありバランスが大事です。とはいえ、人生においての歩みを止めている人間にとって、心技体をすべて高めていく意識と行動力をもつことは難しいです。しかも、前述したように漠然としすぎていて、具体的に何をすればよいか掴みにくいです。

なんとなくの手探りの中、心や技術は現実問題、心を劇的に豊かに強く、素晴らしいスキルや経験に置き換えました。ぱっと見ても簡単に高められそうにないので、どれから手を付けようか考えぬいた結果、一番わかりやすそうな体から取り掛かろうと決めました。

なぜなら、体が健康であり、かつ体力があれば、エネルギーが必要な人生変革の基礎となると考えたからです。さらに、外見的にも魅力的になり、自信という面で心の一部も鍛えられるうえ、体を作る技術も我流ながら学べる利点があります。

そう考えると、心技体は各々が密接に関わっているのだと実感できます。すべてを一変させるのは難しいので、まずは体から!それが僕の決断の第一歩でした。

具体的にはダイエットから

体の健康、体力作りと目標は見えてきましたが、具体性に欠けます。健康については睡眠や栄養管理など、自由人で自分を甘やかす天才である僕にとって、正直めんどくさいことなので、単純にたるみきって体力のない体を引き締めようとダイエットを決意しました。軽く痩せるだけでは意味が無いので、十代の体に戻るという最終目標を掲げました。

何をするにしても「だるい」「疲れた」「体がついていかない」状態であり、体力の確保が最優先になるのは自然な流れでした。

肥えた豚であるよりも、痩せた狼になったほうが女の子にモテるのでは、という男ならではの単純な思考もあり、どんなことも途中で投げ出してきた僕が25キロのダイエットに成功するきっかけになりました。

▶【最新】ダイエットを成功させる3つのコツ

ちなみに僕のスペックは、学生時代から運動が好きではなかった、仕事も肉体労働を避けてきた、運動能力ゼロです。

関連記事

ホームPage 1 / 11