投稿者:NjfwILLgUP

人生を好転させたい人が絶対にやるべきではない7つのことを紹介します。頑張ってもなかなかうまくいかない、人やお金から好かれないひとが、やりがちな悪い行動を記載しています。

【目次】

こんにちは!まさたんです。

僕は今、仕事もプライベートも楽しく、充実しています。悩みが全くないわけではありませんが、少なくとも毎日が楽しいと心から言えます。

僕の周りで辛そうにしている人や、疲れ切っている人をみると、共通点に気付くことができました。思い返せば、過去のうまくいっていなかった自分にも当てはまる点が多かったので、そういう行動をしないようにすることで、読んでくださった方の人生が豊かになることを願っています。

1.行動しない

行動しないことで回避できる失敗のリスクより、行動しないことで行動して得られるはずだったものを得られない機会ロスのリスクのほうが遥かに大きいです。

しかも、失敗というものの定義は極めて曖昧で、行動しなくなる(諦めて立ち止まる)ことさえしなければ、失敗が結局は成功への道の必要な過程だったということになります。失敗経験そのものから得られる教訓や、改善案などの恩恵を考えると何が失敗なのかすら、もはやわかりません。

2.決めつける

どうせ、無駄、駄目、こういう奴、絶対無理、騙されてるなど、自分だけに限らず他人をも決めつける行為は、行動や可能性を潰します。

逆に言えば、自分や他人を信じ、やってみる素直さがとても大切です。自分のことを本当に考えてくれている人からの助言や、自分がやりたいと思ったことを一旦受け入れることで、新たな道が開けることも少なくありません。決めつけるということは諦めていることと同義なので、諦めている人がうまくいくはずがありませんよね。

3.悪口や陰口を言う

悪口や陰口など、人を貶める行為は、自分に返ってきます。因果応報というやつですね。他人のことを悪く言う人は、人のせいにする癖があるため、自分を省みることができず成長しにくいです。さらに、悪口というのは人のことであっても、自分のことのように潜在意識に刷り込まれるため、自分自身も悪口通りの人間になります。

こんな経験はないでしょうか?人の悪口や陰口を言っている人が、まさにその悪口の内容と同じことをしている。文句を言う割には、言ってるだけで何もしない。ネガティブな言葉で空気だけ悪くして、人の時間を奪ってくる。悪口を言っている本人が一番嫌われている。

人を悪く言っている間は、成長できませんし、自分が絶対的に正しいと信じ込んでいます。一部の固定観念や、自分の世界だけの狭い視野で他者を叩くことで、快感を得ている状態なので、最高にカッコ悪いです。自分が正しいとかそういうのは一旦置いといて、どんなに相手が間違ってると思っていても、とにかく悪口・陰口だけは絶対に言わないようにすることをお勧めします。

4.人を変えようとする

自分と未来は変えられますが、人と過去は変えられません。自分に自信がない、未熟な人ほど他人をコントロールしたがります。

器の大きな人は、自分自身に目を向け、他者に求められてもいないのに干渉しません。求められれば、道を標しますが、見守るだけで選択は委ねます。

人を変えようとする行為は、何かを他人のせいにしている、他者の意見や行動など尊厳を軽視しています。もし、うまくいかないことがあれば、徹底的に自分が変わりましょう。そうすれば、巡り巡って周りの人が、影響を受けて、望む行動をとってくれることがあります。

5.嘘をつく・隠す

嘘をつくには、単純に嘘を言うだけでなく、言ったことを実行しないことで自分の気持ちや、他人に嘘をついたことにもなりますよね。また、自分の失敗を隠したり、過ちを犯したときに素直に謝らないなど、弱みや非を隠す行為も成功を妨げます。

嘘をついたり、自分の失敗を他人のせいにして隠そうとしたりすれば、信用を失い、人に嫌われますよね。一時の恥を恐れて大きなものを失わないように、虚栄心や無意味なプライドを捨てて、素直になると驚くほど人に好かれて、失敗しても助けてもらえます。

自分の気持ちに嘘をついて、嫌なことを嫌だと言えない状態が続くと、精神的にも肉体的にも疲弊してしまうので、時には他人に嫌われる勇気も大切です。

6.全力を出さない

全力で物事に当たることは、そうでない人にとっては、エネルギーの無駄遣いのようにも見えますが、全力を出せば得られたものが、得られなかった時の遠回りの時間がもったいないです。さらに、全力を出せば、限界値が拡張されるので、次の挑戦では前回の全力以上の効率と成果を出せます。

また、全力で頑張る人は、人に勇気を与えるだけでなく、応援してもらえます。楽ができる環境に甘んじていると、薄っぺらく逆境に弱い人間になってしまします。困難な状況でも全力で頑張ってきた強く尖った人なら、必ずリーダーシップを発揮できます。

7.感謝を忘れる

どんなに自分が努力してきたとしても、どれだけ優秀でも、自分一人で成しえたと勘違いして感謝を忘れると、傲慢さに足元をすくわれます。調子に乗ってはいけないということですね。

食べられる幸せ、学べる幸せ、働ける幸せ、生きていてくれている幸せ、出会えた幸せなど、ほんの些細なことにすら感謝をすることで、心持ちや行動が変化します。

ありがとうを素直にめんどくさがらず、自然と言葉や、行動で示せるようになれば、自分自身も、自分を取り巻く環境もどんどん良い方向に変化します。

自分が思った通りの人生にどんどん変えていく方法を紹介します。実体験に基づいて、再現性のあることだけをまとめています。人生が思い通りにならない、悪いことしか起きないと嘆いている人に読んで欲しいです。

【目次】

こんにちは!まさたんです。

僕は億万長者ではありませんが、いろいろなものを変えることで思い通りの人生を構築してきました。今はまだ発展途上ですが、欲しいと思ったものや、望んだ結果を必ず達成しています。

人間は誰しも思ったように人生を変える潜在能力を持っていると、僕は確信していて、特別な能力や才能は必要ありません。次に紹介する3つの変化を自分に起こせば誰でも思うがままの結果を手に入れられます。

1.環境を変える

まず初めに環境を変えることです。よく耳にする言葉だとは思いますが、難しく考えたり、いきなりガラッと変える必要はありません。人間は身を置く環境、細かく言えば、場所、人間関係、空間、生活習慣などに大きく左右されます。

極端な例でいえば、英語が話せるようになりたければ英語圏の海外に長期滞在してみるなどです。望む成果がでることにコミットすれば最善のやり方にほかなりませんが、僕がおすすめするのは、環境変化の一つ断捨離(だんしゃり)です。

部屋にある1ヶ月間使用していないものをすべて捨てます。視界に入る不要物がなくなることで思考が驚くほどクリアになります。モノだけにとどまらず、例えば暇つぶしにやっていたアプリゲームや、息を吸うように観ていたテレビや動画を見る時間を捨てる。エネルギーを奪われるだけの人間関係を断つことも断捨離といえます。

さらに断捨離には、捨てることで新しいものが入ってくる恩恵もあります。当たり前のことですが、転職でうまくいったという場合、自分には明らかに努力しても向いていない前の会社を辞めたことで新たな会社でうまくいくという成功を手にしているわけです。要らないものを手放すことで、そこにかかっていた”お金や時間”も必要なくなるため、経済的にも時間的にも余裕ができ、心のゆとりが生まれます。

余裕があれば、人との関りを見直すと環境がさらに変わります。誰にでも好かれるように振舞うのではなく、エネルギーと時間を奪う人との距離を置くことが重要です。簡単に言えば、人の悪口を言う人との関係を断ちましょう。人の悪口を聞かされると、エネルギーを奪われますし、その話を聞いている時間ももったいないです。目線を合わせず、急いでいる素振りをすれば、相手にも伝わりますし、それで嫌われたなら、嫌われたでメリットのない人間関係を断つことに成功しているので、プラスしかありません。

2.考え方を変える

考え方、即ち心を変えることで人生は劇的に変わります。特にお勧めするのは人への接し方です。人間は自力のみで思い通りの結果を手にするのは不可能です。誰かしらに助けられています。

会社であれば、まずは挨拶が大事です。元気に笑顔で、返されようが返されまいが関係なくです。どんなに偏屈な人間でも1ヶ月間、心から挨拶し続けると、笑顔で挨拶してくれるようになります。自分のことを好きな人を嫌いになることは難しいからです。

次に大事なことは感謝です。何か問題が起こった時、矢印を自分に向け、建設的な考え方を徹底します。誰かのせいにしたり、陰口、人を思い通りに変えようとする、攻撃・威嚇、蔑む・責めるなどの行為は何も生まないし、自分に何一つ良い結果として返ってきません。

いやらしい話、挨拶と感謝さえ心がければ、周りは全員味方になってくれるので、あらゆることが楽になり、自然と笑顔と余裕が生まれ、人を助けたり笑顔でいることで、循環し続けます。うまくいくことしかないです。

3.行動を変える

最後は、行動を変えます。上記にも通づるのですが、環境・考え方+思いついたら即行動です。やりたいって思った自分自身を大切にしてください。

直感や閃きは突然やってきます。頭をよぎったで終わるのではなく、やってみることで経験値になり、その点を積み重ねることで線となり、思わぬビッグな成果を構築します。好きな人がいるなら告白してみるとか、自分を磨きだすとか、ユーチューバーは稼げて羨ましと思ったなら、動画の1本でも取ってみることです。

行動って誰かが必ず見ています。行動的な人は失敗したとしても成功したとしても、人を魅了します。常にアクティブな人は、いずれカリスマ性を帯び、人に勇気や元気を与え幸せにするので、経済的にも人間的にも豊かになります。

~したらやる、ではなく、即やるのが大切です。条件付けをした瞬間、一生やらないと思ってください。特に注意が必要なのが、お金が貯まったらやるというやつです。まずやりませんw本当にそれにお金が必要なのか?どうしても必要なら、いくらを何時迄に、どうやって調達するか決めて即行動です。

絶対に痩せたい!なにがなんでも短期間でダイエットを成功させたい人に確実に成果を上げる方法を紹介します。

【目次】

こんにちは!まさたんです。マイナス20キロのダイエットに成功した僕が、ダイエット効果が上がったと感じた方法を記載します。実体験をもとにしていますので、合う人合わない人がいるかもしれませんが、ダイエット達成方法の一つと考えていただけたら幸いです。

効果が高く無理の少ない断食

一番効果が出た、というより間違えなくゴリゴリと体重が減っていくのが、プチ断食です。最短で腹筋を割りたいなら、これです。朝ソイプロテイン(スプーン3杯)を水で飲み、お昼までの食欲を抑えます。きついならヨーグルトかサラダ程度を加えます。お昼は、飴や水分のみ、夕方にサラダチキン50gとコールスローサラダ半袋を混ぜ合わせドレッシングをかけたもののみです。

当然ですが、最初のうちは滅茶苦茶お腹が減るので、夕方以降はすぐに寝ることです。慣れてくると、夕飯後に運動までできます。体に悪い添加物などが排出されて、水とサラダとプロテインで体が構成されるので、体の調子は良くなります。ただ、食べる量が少なすぎて便秘気味になりやすいので、ブロッコリーなどをサラダの代わりに食べると良いです。

もちろん、健康的にゆっくりとボディメイクしたいなら、長い期間をかけて食べながら筋トレしながら、糖質を抑えながらみたいになると思います。しかし、そんな計画的にコツコツやれる人なら、今この記事を読んでいないと思います。

きついけど即結果→モチベ上がる→さらに結果→モチベ上がるの繰り返しのほうが、割と続いたのでお勧めです。短期間で痩せて、偏った栄養バランスは、痩せた後でバランスの良い低カロリーな食生活で改善しても胃袋が小さくなっているため、余裕で可能です。

おすすめ食品と食べ方

おすすめの食べ物は、水、バナナ、ゆで卵、アーモンド、くるみ、葉野菜、チキン(揚げてないもの)、海苔、納豆、豆腐、ヨーグルトです。むしろこれ以外の食べ物はダイエット中必要ないと個人的には思いました。これだけの食材があれば十分食を楽しめますし、ナッツやチキン、野菜などで咀嚼回数が稼げるため、空腹を紛らわせます。

ちょっと食べても良いおやつは、おせんべい2個、飴、チョコ1欠片程度です。絶対に食べないほうが良いものは、酒、ポテチ、加工肉(ソーセージ、ハム、ハンバーグ)、マーガリンと牛乳が使われているような食品(ケーキ、菓子パンなど)です。ダイエットどころか体にもあまり良くないので、これらが魅力的かつ手軽に売っているコンビニはダイエットを失敗させる建物です。プロテインバーとかダイエットを意識した商品も取り扱っていますが、脂質が高すぎて、意味が無いです。

食べ方としては、サラダなどを先に食べきってから、脂質や炭水化物を摂取しましょう。先に脂肪になりにくいものを緩衝材のように吸収させ、そのあとに脂肪になりやすいものを食べることで吸収させにくくできます。サラダのみを食べた後に、サラダとサラダチキンを混ぜてドレッシングをかけたサラダを食べるくらい徹底すると効果的です。

ダイエット効果を加速させる運動

運動といっても泳ぐとか走る必要はありません。プランク、ドローイン、スクワットです。

一日累計5分程度のプランクやってお酒と糖質制限するだけである程度痩せます。最初は「なにこれ!?」ってくらいきついですが、すぐ慣れます。手軽で動きが少ないからです。

ドローインは腹筋がきれいに割れるイメージをしながら行うのがポイントです。トップアスリートが瞑想やイメージトレーニングをするのは効果があるからなので、疑わず素直にやってみることが大切です。寝る前に仰向けでやるのが楽だし、効果も高いです。

最後はスクワットについてです。膝を曲げた際、膝がつま先より前に行かないように重心は後ろ目でやると膝への負担が少なく正しいスクワットです。太もも、お腹、背中など複数の大きな筋肉に負荷がかかるため、消費カロリーが大きく、男性なら男性ホルモンを刺激する動きなので精力アップにもつながります。回数は30回3セットとかで、きついなら自分に合わせてやれば良いです。

まとめ

えぐすぎやろ!って感じた方もいるかもしれませんが、効果はすぐに出ますし、食べ物も工夫次第でかなり美味しく、ダイエットを楽しめます。

例えばドレッシングはカロリーを気にせず、いろいろな種類で楽しむとか、チキンをカレー味にしてみるとか。カロリーは100くらい増えますが、朝のプロテインを豆乳で飲むのも良いでしょう。

きついことはできるだけ短い期間で終わらせたい、せっかちな人には特に効果がある方法だと思うので、ぜひ試してみてください。

こんなことを書くのはどうかと思ったんですが、やってみて最悪ダメでも合わないんだなって経験になりますが、やらずにこれ無理だって諦めたら、成功する可能性というか機会すらロスしますから、本気で痩せたい人に、経験して成功した一人としてお勧めします。

行動したいけど不安や恐怖が襲ってくる、頭ではわかっていても体が動かず逃げてしまう生活を何十年も繰り返した僕の「行動できない自分の動かし方」を紹介します。

【目次】

こんにちは!まさたんです。行動できるようになることは、行動する習慣を身に着けること。行動する習慣は、行動することでしか得られないという現実があります。つまり、最初の行動を起こして、次の行動につなげれば、習慣化できるので、一番最初の重い腰を上げる行為を成功させることがすべてです。

僕が最初の行動を起こせたコツは以下の3つです。

  • 1.やりたくない理由を知る
  • 2.ハードルを下げまくる
  • 3.行動による恩恵をリストアップ

1.やりたくない理由を知る

自分の心が行動したくないと思っているから体が動かない。ならば、なぜやりたくないのかを知る必要があります。ただ単にめんどくさい、と思ったなら、なぜ?とさらに問います。理由が明確になるまで繰り返し、自分の本心に気が付くことが大事です。普段の生活では気が付かない自分の深い部分を見つめなおすことで、やりたいことが見えてくることがあります。

例えば、ニートだった僕は、働きたくない→なぜ?→めんどくさい→なぜ?→履歴書を書くのが苦痛→面接のときに評価されないのではないか→無駄足になるのではないか→高い能力が必要でついていけないかも…。など、自分の能力に自信がなく、面接で評価されることが苦痛で、仕事が続くかの不安を知ることができました。

理由がわかれば、対策が立てやすく、自分の悩みなどをなぜそう思うのか?と問いかけることで、頭の中を整理でき、問題を客観視できます。客観視できると、少なからず気分が楽になり、やるべきことを見出して行動しやすいです。

2.ハードルを下げまくる

やりたくない理由がわかれば、まずどうやったら解決できるか考えます。行動を起こせない僕は、あれこれと完璧にやろうと考えすぎるあまり、体が動かなかった気がします。行動のハードルを下げることで、一旦動きやすくできます。一旦というゆる~い感覚が重要です。

僕の場合、面接や履歴書を書くのが嫌で、高度な仕事ができるか不安なら、高望みせず、まずは履歴書不要の日雇いでもなんでも応募してみることでした。嫌なら辞めればいい。応募の時点で気に入らなければ断っていましたし、自分がある程度わがままに振舞えるレベルまでハードルを下げました。

ハードルを下げても動けなかったら、もっと下げましょうw例えば、学校に行きたくないというなら、玄関に行って靴を履くまででも良いです。小さな行動を繰り返すことが大事で、成功させることを目標にすると重くなります。まずは、行動した自分を褒めて自信を積み上げましょう。

3.行動による恩恵をリストアップ

行動出来たら、行動によってどんな恩恵があるのかを意識することが重要です。恩恵を紙などにリストアップし、行動して良かったことを脳にインプットできます。

行動したから、こんな出会いがあった、失敗したけど自分には合わないことが分かった、お金が貰えて欲しいものが買えたなどなど、何でも良いのです。行動による結果が、どうであるかは関係なくて、必ずプラスの部分があります。むしろ得られた成果を意図的に探してください。人間は悪いほうに目が行きがちなので、行動を続けるには良かったことに目を向ける癖が必要です。

行動しなかった時には知りえないことで、その後の方向性が定まったり、必要なものがわかったり、良い意味での欲も出てきます。行動することが習慣になれば、現状維持で甘んじることが退化であることに気が付き、進化する自分にワクワクするところまで到達できます。

まとめ

行動を止めるすべての原因は、恐怖です。失敗したらどうしよう、損してしまうかも、深く傷つくのが怖いなど、人間は不確定でわからないことに恐怖を感じます。

例えば、最初は怖くて、なかなかうまく乗れなかった自転車も、操作や乗るコツがわかるようになれば、頭で考えなくても体が勝手に動くまでになった経験は誰しもあると思います。小さなことでもやってみて、自信を積み重ねることで勇気が湧き、勇気を持って行動すれば、わからなかったことがわかって恐怖が薄れていきます。

偉大な指導者や、成功者だけでなく、身近にいるちょっとうまくいっている友達や同僚、兄弟達ですら、初めはすべてにおいて初心者であり、失敗してきています。ただ、圧倒的な行動量の差が実績や成果を生んでいると僕は確信しています。

自分が行動すれば行動するほど、腑に落ちると同時に、なんでもっと早くやらなかったんだという後悔も少なからず生まれるので、僕は思いついたら即行動を心がけています。後悔は、過去に遡って修正することはできませんし、今から取り返すにしても莫大なエネルギーや、うまくいくハードルも高くなるので、後悔しないための即行動を徹底することで、効率よく目標へ到達できます。