投稿者:NjfwILLgUP

ダイエットにおいて一番大事なことは、無理なく続けていくことです。どんなダイエットをしても、食事の誘惑は一生ついて回ります。なぜなら、食べることは私たちの生存本能だからです。

強烈な目的意識があれば別ですが、短期的に急激なダイエットをすると、反動によるリバウンドや、栄養不足により健康を害する恐れもあります。

特にズボラな人や、ダイエット初心者は、簡単に続けられ、かつ効果の出やすいダイエット方法を少しづつ試していくことをお勧めします。この記事がその一助となれば幸いです。

【目次】

1.毎日体重計に乗る

「毎日体重計に乗る」これはダイエットにおける基本中の基本であり、一番大切なことです。日々の体重変化を知ることで原因がわかりやすくなるので、対策が取れます。

増えた原因を正確に把握せずにダイエットをしても効果が薄いのは言うまでもありません。 体重が増えた時、少し嫌な気分になる。減っていた時、嬉しくなるという感情が動く行為が非常に重要なのです。

なぜなら、人は感情によって行動します。増えた理由は、昨日の飲み会か、とわかればとる食事を少し抑えて調整したり、軽い運動でもしてみようかと考えるようになります。

2.1日7時間以上寝る

睡眠不足による疲労や、ストレスの蓄積は回復のために大量のエネルギーを求めるので、空腹を感じる時間が増えます。

寝ている間でも生命維持のために大量のエネルギーが使われて、汗もかき老廃物が流れ出ています。さらに、寝ているときに食べられる人はいないので、カロリーを摂取せずにエネルギーを使いまくっている状態です。

睡眠不足でエナジードリンクを飲みまくったり、お菓子や菓子パンを食べるのをやめて、しっかりと7時間以上の睡眠を確保しましょう。まさに、寝るだけ簡単です。

3.平日は飲まない

お酒が好きな方は、割と多いと思いますが、毎日晩酌や飲みに行くのをやめて、週末だけ適量を飲む習慣を目指しましょう。

アルコールが太る要因になるのは、説明するまでもないと思いますが、長年大量のお酒を飲み続けると、脳の萎縮による痴呆など、様々な健康障害につながります。

▶お酒で太りたくない人が知らないと損する基礎知識

ただただ我慢しようとすると、禁煙と似たような状態になるので、アルコールによるリスクに対する知識を深めて、自ら納得したうえで上手に付き合うと、みるみる体重が減ります。

4.大きな筋肉のみ鍛える

背筋や胸筋、太ももやお尻など、大きな筋肉を鍛える筋トレを少しするだけで、ダイエットに大きな効果を及ぼします。特に男性は、胸筋や背筋を鍛えることで逆三角形の見栄えの良い体になりつつ、ダイエットが期待できます。

特にお勧めなのが、スクワットと腕立て伏せです。自宅で簡単にできるうえ、大きな筋肉を効率よく鍛えられるからです。もちろん、最初から多くの回数をやってしまうと、続かないので、1日10回からでも良いので、少しづつけると効率よく痩せていくので、ダイエットの近道です。

ダイエットをするうえで、ランニングや長時間のウォーキングが全く意味が無いとはいいませんが、時間的コストや長時間の苦痛を考えると習慣化しにくく、消費カロリーも思ったほど高くありません。

特に太っている人は、突然走ったりはもちろん、1時間程度のウォーキングですら、1週間続けただけで膝を痛めて、歩けなくなったり、続かなくなる原因になりやすいです。

また、ジム代を捻出したり、自宅にマシンを購入できるほどの余裕が無ければ、天候にも左右されます。

5.1食だけ置き換える

ダイエットで一番簡単なのは、糖質を制限することです。完全に抜いてしまったり、極端に制限しすぎると、エネルギーが不足しすぎて体を壊したり、リバウンドの原因になるので、1日1食だけカローリーが低いものに置き換えると痩せます。

お勧めなのが、プロテインやサラダチキンのような高たんぱくなものに置き換えることです。タンパク質は、食欲を抑えたり、ダイエット時に失われやすい筋肉を維持する材料になります。

▶プロテインダイエットで楽に痩せる方法

また、夜は食べたものを脂肪として蓄積する物質が増える時間であり、一般的に活動量が減る時間でもあるので、理想としては20時以降の食事は控えましょう。最低でも寝る前の4時間以内に食べ物は摂取しないほうが良いです。

【目次】

1.信念がブレない

最高にカッコ良い男は、信念がブレません。考え方や大切にしているものがハッキリしていて、行動も一致しているので、他人が理解を得られやすいのです。

また、人は分かりやすい人に親近感を覚えます。ミステリアスな部分も色気としてそれはそれで持ちつつ、信念の部分はブレず、竹を割ったような性格であることはカッコ良いと思われます。

2.行動力がある

何もやらずに不満ばかり言ったり、挑戦することを恐れているより、ガンガン行動する男はカッコ良いです。

女性は、リスクを取れない男を信用しません。リスクを取れないということは、責任を人任せにしているからです。

また、行動した人は行動の質はどうあれ、何もしない人より確実に前に進んでいくので、収入や経験が上がり、弱者を救える人としての器が大きくなります。

3.身だしなみに気を使っている

最高にカッコ良い男は、当然ながら身だしなみに気を使っています。元のスペックがイケメンとかそういう話ではなく、変えられる努力はすべて行います。

自信のコンプレックスをいつまでも悩むのではなく、ではこのスペックでどう戦っていくのかを考えて、自分を磨きます。

筋トレ、雑談力を磨く、字を綺麗に書けるようにする、髪型のセットを練習するなどなど、できる努力は惜しまないでしょう。脱毛やシミ対策、アンチエイジング、AGA治療など先天的なものであっても改善できるなら、リスクを取ってでも逃げずに進む姿勢も大事です。

4.陰口を言わない

どんなに理不尽な目にあっても、カッコ良い男は、陰口を言いません。陰口を言うことで失う信頼などのリスクについて理解しているからです。言いたいことがあるなら、その場で発言して平和的解決を進めるでしょう。

陰口だけではなく、むやみに相手を否定したり、自分ばかり主張せず、相手の意見も尊重できます。

それを自然にやってのけられるのは、普段から人の好いところを見つける努力をしたり、感謝することで、意見が対立しても相手を敵として扱わないことにつながります。

5.愛がある

愛をもって人と接するかどうかは、最高にカッコ良いかの大きな判断材料になります。例えば、誰かを叱らなければならない時、そこに愛があるかで響き方が変わります。

恋人や妻子に対しても、俺がこれだけやっているのに!と、見返りを求めるような偽りの愛情では、良好な関係は築けないでしょう。

どう思われていたとしても、最悪裏切られていたとしても、見返りを求めない真心を注ぎ続けられる人は最高にカッコ良いと感じざるを得ません。

おにぎりをほおばる女の子

【目次】

1.睡眠を大事にする

リバウンドを防ぐには、睡眠時間を見直す方法が有効です。起きている時間が長いと、当然お腹がすきます。

人間のエネルギー消費の60%は、生命維持の基礎代謝が占めるので、睡眠時間をたっぷり確保することで、深夜の間食など過度なエネルギー摂取を抑えて、寝ている間に脂肪は使われるので一石二鳥です。

また、睡眠をしっかりとることで、ストレスが大幅に軽減されるため、ストレスによる過食も防げます。活力もわいてくるので、運動への意欲も寝不足状態と比較すれば段違いです。

2.腸活を意識する

腸内環境を整えることで、老廃物が溜まりにくい体になるので、リバウンドしにくいと言えます。腸活に必要なものは、「乳酸菌」「食物繊維」「タンパク質」です。

乳酸菌は、ヨーグルトや納豆、キムチ、味噌などの発酵食品を食べて補いましょう。ヨーグルトは意外と糖質が高いので、無糖のものや、オリゴ糖で甘みを加えると体にも良いです。

腸活に必要な食物繊維は、水溶性と不溶性の2種類があります。水溶性は海藻類から摂取でき、不溶性はキノコやゴボウなどから摂取できます。

タンパク質は、赤身の多い肉や魚、チキン、卵などから多くとれます。腸が健康になれば、強烈な空腹を感じにくく、老廃物の排出がスムーズになるためリバウンドを防げます。

3.食事の取り方を改善

リバウンドしないためには、無理な食事制限で急激に痩せるのではなく、しっかりと噛んで味わって食べることに加えて、少しづつ糖質を抑える食べ方で無理なく長期的に体形維持と向き合いましょう。

野菜や、みそ汁などの汁物から食べ始めることで、油や糖質の吸収を抑えて、一気にかきこむような食べ方を抑止しましょう。

お酒は適量にして、食事の後は冷たすぎない水をしっかりととって、血液の流れをよくしましょう。大量の水分を取って、体の中の水を新しく入れ替えることで代謝もアップします。

4.運動習慣をみにつける

食事制限のみのダイエットだと、筋肉量の低下から、リバウンドしやすくなります。運動することで、エネルギー消費だけでなく、筋肉を育てて基礎代謝をアップさせることが重要です。

特に30代以上の方は、筋肉の量が何もしなくても20代の頃をピークにどんどん減少しているので、筋トレ後に有酸素運動をするくらいでちょうど良いです。

筋トレ後は、血流が良くなり、脂肪が燃焼しやすい状態なので、ウォーキングやランニングをするのに最も効果的な状態です。

運動習慣の継続は、基礎代謝アップ、ストレス解消、生活習慣病の予防、睡眠の質向上などリバウンドを防ぐ効果が非常に高いです。

5.ダイエットのゴールを無理なく設定する

リバウンドをしないためには、ダイエットのゴールを自分の体に負担をかけすぎないように長期的に設定する必要があります。

ダイエットによるストレスで、目標の体重に達する前に挫折してしまうのはもったいないです。無理なく長期的にダイエットを行い、理想的な体型を手に入れた後なら、リバウンドする可能性は低いです。

急激なダイエットに耐えられる方、合っている方もいるでしょうが、その過程での過度なストレスが原因で、志半ばで努力を無駄にしてしまうのがリバウンドしてしまう最大の要因と言えるでしょう。

太ったと嘆く女性

【目次】

1.恋愛をあきらめている

「スタイルが良くなりたい」「引き締まった体でモテたい」「腹筋を割りたい」「お洒落に洋服を着こなしたい」など、他者からの見た目にもつながることに対して努力している人は、結局は異性の目を少なからず気にしていると言えます。

身近に好きな人がいる、将来的に恋愛した時に自信を持っていたいなど、恋愛に積極的であれば、あえて太るような行動はとらないでしょう。

逆に極端な例ですが、家に引きこもって誰とも会いたくもないし、見た目も気にしないと思っていれば、だらしのない体にだけはなりたくないというポリシーでもなければ、好きなものを気にせず食べることに抵抗はないでしょう。

2.ストレスのはけ口がお酒

ストレス解消、愚痴を言うための飲み会を毎週やっている人は、太ります。適量のお酒でストレスとうまく付き合えるならましですが、そもそもストレス解消の手段がアルコールになっていることは健全とは言えません。

ストレスによる過食も太る要因となるので、運動など体を動かすことや、家族や友人との健全な交流でストレスをコントロールできれば、太るリスクは減ります。

僕もお酒は大好きなので、飲酒を否定するわけではありませんが、暇だからとか、気分を上げたいからと心の在り方をお酒にゆだねすぎると、太ります。

3.我慢が嫌い!

我慢が美徳とは言いませんが、なんでもかんでも我慢したくない!好きなものは好きなだけ食べる、運動は絶対したくない、だるければ食べた直後でもすぐ寝るなど、自分に甘すぎる性格の人は太りやすいです。

太った人を自制心や自己管理能力が無いなどいう人は多くいますが、別の見方をすれば究極的に自分を愛し、本能のままにゆだねている人でもあります。

その人の人生なので、本人が良ければそれで良しというのが答えなのですが、自分が満足するまで際限なく、好きなものだけカロリーを考えず食べすぎれば、当然太るということです。

4.計画性がない

我慢が嫌いと通ずるところがありますが、食べすぎたので、翌日は抑えようとか、体重を毎日測って、このままいくとどうなるかなど、将来を見据えない人は太ります。

目先の快楽に目が行きやすいと、飲み食いしすぎて、気が付くと太っていたという経験はないでしょうか。太った自分がどういう苦労をするか、痩せるために伴う苦痛などのリスクを想像できる計画性があるかは、体形を左右する要素であると言えます。

また、計画性に乏しいと、いざダイエットを始めてもランニング1つとっても、コツコツと習慣化して続けることも困難でしょう。

5.食べるものを自分で管理できない

例えば、実家に住んでいて親が高カロリーなものばかり食卓に並べて、たくさん食べることを強要する。強制的な飲み会が多く、断る勇気がない。食費を抑えたいが、食べ応えは欲しいので、ジャンクフードや、安い菓子パンなどに手を出してしまう。

などなど、自分の食べる量や質をコントロールしにくい環境に身を置いている人は、太りやすいです。自信が本当に痩せたいと思うのであれば、環境を変える努力をしなければ、負の連鎖から抜け出すことは難しいでしょう。

記載してきた「痩せられない人の5つの特徴」のほぼすべてが当てはまっていた僕がダイエットに成功した方法などを記載した記事を紹介して、終わります。最後までお読みくださりありがとうございます!