黄色い車

【目次】

1.毎日2ℓの水を飲む

1日2ℓの水を飲むことで、体内の老廃物を流し、代謝をアップさせます。血液の流れも良くなるので疲れにくくなります。

また、水を大量に飲むことで消化を助け、腸の動きが活発になるので、便秘を防げます。食事をするときにこまめに飲めば、食べすぎを防げる利点もあります。

水を飲む際、冷たい水ではなく、常温または白湯が体を冷やさないので、お勧めです。

2.べジファースト

食事の際、野菜やキノコなど食物繊維を多く含む食材から食べることで、糖や脂質の吸収を軽減できます。急激な血糖値の上昇を防ぎ、腸にも良いので、野菜・キノコ類は多めに摂りましょう。

注意したいのは、野菜は糖の多い根野菜ではなく、葉野菜中心が望ましいです。マヨネーズや、カロリーの多いドレッシングは避けて、オリーブオイルやごま油のような自然由来の油に塩コショウで代用すると、ダイエット効果が増します。

食べる量を増やしてもカロリーが少ないので、満腹感を得やすいです。鳥の胸肉やささみなどと組み合わせて、空腹と戦いましょう。

3.夜10時以降に食べない

夜10時以降~深夜2時の間、成長するためにエネルギー源である脂肪を蓄えやすい状態に入ります。夜10時以降にカロリーの高い料理や、お菓子を食べるのは止めたほうが良いです。

それに加えて活動量も減る時間なので、必然的に太りやすくなりますよね。どうしても食べたい場合は、バナナやナッツなど糖質の少ない間食で我慢しましょう。

4.お酒と上手に付き合う

お酒は、ダイエットの天敵です。アルコールは代謝に必要なビタミンやミネラルを消費させるので、食べたものが脂肪として蓄積しやすくしてしまいます。食欲増進効果もあるので、食べすぎを促す点もダイエットに不向きです。

ただ、お酒を辞めることがストレス過ぎて、過食の原因になっては本末転倒なので、飲むなら焼酎を少量。おつまみは糖質の少ないものをチョイスしましょう。

5.タンパク質メインの食事

肉、魚、卵、大豆などタンパク質の多い食材を中心に摂取することで、筋肉が落ちるのを防ぎ、代謝を維持できます。また、ダイエット中に不足しがちな酵素も補えます。

糖質の塊である白米の量を減らす代わりに、おかずとしてタンパク質をしっかりとることで、空腹時のストレスを回避できます。

6.咀嚼回数を増やす

リバウンドしてしまう最大の原因は、食事制限のストレスに耐えられないことです。よく噛んで食べることで、脳の満腹中枢を刺激して、少ない量で満腹感を得られるように心がけましょう。

咀嚼回数が多いということは、消化しやすい状態になっているということなので、消化器官にも優しく、健康にもつながります。

ブロッコリーなどの固めの野菜や、ナッツ、昆布やイカ、リンゴなどの食べ応えのあるフルーツが咀嚼回数が増えやすいのでお勧めです。

7.睡眠で食欲を抑制

寝ている時間が長ければ、活動時間が少ないので空腹になる時間を短くできます。寝起きにすぐ食べにくいですし、睡眠がしっかりとれていれば、疲れが取れるので、食べ物で疲れを取ろうとしてお腹がすく、生理現象も防げます。

また、寝てる間でも生命活動に必要な場所は動いているので、代謝は必ずあります。食べることなく、代謝はあるので、寝る直前に食べていなければ、確実に痩せられる大切な時間でもあります。

しっかりと眠ることで、起きている間、活発に動けるので、代謝量が増えます。健康にもダイエットにも睡眠は非常に大事です。